目覚めが悪い理由とは?

query_builder 2023/11/03
コラム
48

目が覚めた時になんとも嫌な感じがして「目覚めが悪いなあ」と感じたことはないでしょうか。
目覚めが悪いのには、どのような理由があるのかが気になるところですね。
そこで今回は、目覚めが悪い理由について解説いたします。

▼目覚めが悪い理由
■睡眠の質が低下している
目覚めが悪い理由の中で、特に多いのが睡眠の質の低下です。

例えば、寝る直前までスマートフォンを触っているという方はいらっしゃいませんか。
スマートフォンからはブルーライトが出ており、これが睡眠の質を低下させることが分かっています。
眠気を感じにくくなるため「気が付いたら何時間もスマートフォンを見ていた」ということになりかねません。

■ストレスを抱えている
人は夜になると自律神経のうちの副交感神経が優位になり、自然と眠りに就けるようになっています。
ところがストレスを抱えていると、心身が常に緊張して交感神経が優位になったままです。
そのため床に就いてもなかなか寝付けず、目覚めが悪くなってしまいます。

▼リラックスする機会を持とう
目覚めの悪さを解消するには、意識して体をリラックスさせることがポイントです。
寝る前にスマートフォンを触るのが習慣になっている方は、寝室にスマートフォンを持ち込まないようにしてみてはいかがでしょうか。

日常的にストレスを感じている方は、リラクゼーションサロンで心と体をほぐしてもらうのがおすすめです。
ストレスは心に負担を与えるだけでなく筋肉に緊張をもたらすため、肩こりや腰痛の原因になっていることが少なくありません。
体が楽になれば心のストレスも軽減され、目覚めの悪さも改善されてくると考えられます。

▼まとめ
寝る直前のスマートフォンや慢性的なストレスは、目覚めが悪くなる大きな要因です。
寝る前はスマートフォンに触らないようにし、ストレス解消のためにリラクゼーションサロンを訪れてみてはいかがでしょうか。
長崎市にある当サロンでは、お客様のお悩みに合わせたメニューをご提案いたします。
ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 冷えを改善するには?

    query_builder 2024/01/02
  • 冷えがもたらす影響とは?

    query_builder 2023/12/01
  • 目覚めが悪い理由とは?

    query_builder 2023/11/03
  • つらい頭痛を改善するには?

    query_builder 2023/10/05
  • 代謝を上げるにはどうすればいい?

    query_builder 2023/09/03

CATEGORY

ARCHIVE